総合工事課 工事課長

唐鎌 雄一郎

1999年入社(43歳)

社歴を教えてください

1999年4月入社です。

総合設備工事ってどんな仕事ですか?

暮らしの中で、水・空気は生活に欠かせないとても大切な物ですよね。
人間で例えるなら、設備は心臓や血管の働きをするような重要なものです。
その大切な物を扱うのが、私たち総合設備工事の仕事です。
建物に必要な給排水、空調などの工事を具体的に計画し、お客様と何度も打合せをして設備を作り上げてきます。また工事中は、設備工事の進み具合を確認しながら、予算内で設備工事の費用が納まるように管理をしています。
(給排水とはトイレなど水回りの給水・排水の事で、空調とはエアコンなどによる温度・湿度の調整になります。)

総合工事という業種がら多くの作業員や工事関係者と連携を取らないといけないと思いますが気を付けている点はなんですか?

建物を1つ作るのには、現場監督だけでも職人さんだけでも建物を作ることはできません。
その中で1番心掛けていることは、積極的にコミュニケーションを取る事ですね。
お互いに会話をすることにより、性格・能力を判断することができ、仕事もスムーズに進んでいきます。

ウッドテックに入社してよかったと思うことは?

長く続けてこれている1番の理由は、ズバリ人間関係が良好なことですね。
雰囲気が良い職場の絶対条件として、お互いがお互いを尊重し合い親しき仲にも礼儀あり、これが実践できている会社なので、今の自分があると思います。

新入社員に期待する熱いメッセージをどうぞ!!

学生時代の専攻や文系・理系の差はそれほど重要ではないと思っています。
大切なことは図太さと、几帳面さを併せ持つことです。仕事は入ってからたくさん学べます。
そして重要なのは、どの会社で働くかではなく、誰と働くかだと思います。
一緒に働ける日がくるといいですね!(笑)