消⽕設備⼯事

安全で安⼼できる環境を提供

消防法に基づく消火設備の設計・施工・施工管理・検査、コンサルティングまで

消火設備工事の特徴

  • ⽕災による⼈命や財産の確保を図る為に⽕災の早期発⾒・初期消⽕・安全避難などを⽬的として消防法令では消防設備等の設置が義務付けられています。
  • この業務を常に誠実に⾏い、質の向上に努め消防設備等に関するコンサルタントとして社会的に評価される事が私たち消防設備⼠の責務です。

業務内容

  • ⽔系の消⽕設備 (⼀般的な⽕災時の冷却効果を利⽤した消⽕設備)
    スプリンクラー設備・屋内消⽕栓設備・屋外消⽕栓設備・⽔噴霧消⽕設備ほか
  • 泡系の消⽕設備 (⽔による消⽕⽅法に適さない油⽕災時の冷却効果及び窒息効果を利⽤した消⽕設備)
    泡消⽕設備
  • ガス系の消⽕設備 (⽔による消⽕⽅法に適さない⽕災の窒息効果を利⽤した消⽕設備)
    不活性ガス消⽕設備・ハロゲン化物消⽕設備・粉末消⽕設備
  • 当該設備を設置する為に所轄消防ならびに設計・建築・設備業者と協議しより良い設備の提供を行います。